外遊びが原因で指先にたくさんのイボができ市販薬で取った

子供の頃から遊び=外でした。田舎なので土いじりや森の探検など、今思えばイボができる要素はたくさんありました。
物心ついた時にはすでに指先や手の平にいくつものイボが出来ていました。
思春期を迎えた頃、異性の目もあり指先のイボが気になって仕方ない時期がありました。両親に相談し、皮膚科へ何度か連れて行ってもらいました。

皮膚科では液体窒素をイボに押し付けるというやり方で治療していましたが、即効性のあるものではないので何度も通わなくてはなりません。
治療自体は痛みが強く、また、数が多いので時間が掛かり当時の私には苦痛でしかありませんでした。
次第に痛さが嫌だった事、何度か通ったがイボが無くならない事に嫌気がさして皮膚科へ行く事をやめてしまいました。

イボは残ったままなので母が市販薬を買ってきてくれました。イボに直接液体薬を塗布し、その液体が固まるタイプの薬です。
これだけなら全く痛みが無いのと、塗るだけという手軽さから続けることができました。

毎日、お風呂上がりにイボに塗布していました。
この市販薬も即効性があった訳では無いですが苦痛なくある程度の期間(1〜2ヶ月くらい)でイボは綺麗さっぱりなくなりました。

効果の程ですが、固まった薬と一緒にぽろっと剥がれるようにイボが取れました。
イボがあった所は特に跡が残るという事もなく本当に文字通り「綺麗さっぱり」無くなりました。

最近の皮膚科ではどのような治療が行われるのかは知りませんが、あんな痛みが伴う治療しかないのであれば市販薬の方が断然良いです。
できるだけ痛みは感じないように治療できればそれが1番良いですから。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ